資産運用の最終目的は?ヴァルハラプライベートクラブが理想的!

資産運用の最終目的としては、定期預金をイメージする人も多いかもしれません。定期預金のメリットは、損失が出るリスクがないということです。金利の変動によって利益が少なくなるリスクはありますが、マイナスになるリスクはなく、必ずプラスになります。例えば、1000万円を預けていれば、金利が1.0%なら、毎年10万円の利益が入ってきます。

しかし、現在は非常に金利が低くなっているので、定期預金は安全な資産運用の方法ではあるものの、ほとんど稼げない方法でもあります。この点で、ヴァルハラプライベートクラブのほうがメリットが大きいと言えるでしょう。

終身保険が定期預金の変わりになると言う人がいます。終身保険にもさまざまな種類があるので一概には言えませんが、例えば60歳まで保険料を払い続けたら、120%の払い戻しが受けられるタイプのものですと、それまで支払った保険料が900万円だとしたら、180万円の利益が上乗せされて、1080万円の払い戻しを受けることができます。もちろん、そのまま保険に加入しておくことも自由です。定期預金が稼げない時代ですので、終身保険も資産運用の選択肢に入るでしょう。しかし、絶対に60歳まで保険料を払い続けられるというわけではないでしょう。なんらかの事情があって、保険を解約することになった場合のリスクがあります。

ヴァルハラプライベートクラブは、勝率100%の投資ができるという意味では、定期預金と同じです。しかし、定期預金よりも大きな利益を出すことができる可能性が高いです。FXや株式投資などのように、資産を失うリスクもほぼありません。

若いうちは、FXや株式投資をやって億万長者になる夢を見ることが良いかもしれません。しかし、老後になるとそれまで貯めたお金を安定して運用していきたいと考えるでしょう。そのような時に、ヴァルハラプライベートクラブが選択肢としてあがることだと思います。最終的には、ヴァルハラプライベートクラブのような資産運用の方法をしたいものです。