ヴァルハラプライベートクラブなどで資産運用をしたい30代社会人がすべきこと

20代の頃は自分への投資で、お金がいくらあっても足りませんでした。セミナーへの参加、友人との交流、同僚や先輩との情報交換、資格の取得など、将来に収入を増やすためにできることは全てやっておきたいのが、20代の年齢です。自分への投資に使ったお金は、将来に何倍にもなって戻ってくる可能性があります。もちろん、若い頃にしかできないことをやるというのも大切ですので、恋人を作ったり、遊んだりすることも重要です。

30代になってくると、少し考え方が変わってきました。目標としていた資格を取得して、そこそこ安定して収入が得られるようになってくると、自分への投資はほどほどにして、人生を楽しみたいという願望が強くなってきました。結婚をして、幸せな家庭を持ちたいという願望も出てきます。若い頃は好きな女性と恋人になりたいと思ってはいましたが、家族を持つことなど、現実的なことはあまり考えていませんでした。現実を見るようになるのが、30代という年齢なのかもしれません。責任のある仕事を任せられるようになって、部下を持つようになり、それまでは見えなかったいろいろなことが見えてきます。

貯金はできましたが、ヴァルハラプライベートクラブのような富裕層向けの資産運用をするためにはまだまだ足りません。これからこつこつとお金を貯めて、老後に豊かな暮らしをするための資産を貯めていかなくてはなりません。家族を持ってマイホームを購入すると、住宅ローンの負担ができるので、一時的に資産はマイナスになります。また、子供の教育費などもどれだけかかってくるのかわかりません。子供が私立の学校に行きたいと言い出したら、行かせてやりたいです。

子供が高校もしくは大学を卒業して、自分の収入で生きることができるようになったら、奥さんと幸せな老後を過ごしていきたいです。ヴァルハラプライベートクラブのような富裕層向けのクラブに加入して、資産運用をしながら安定して資産を増やしていけたら理想的ですね。