月別アーカイブ: 2016年12月

ヴァルハラプライベートクラブで資産運用をするとなぜ100%勝てるのか?

ヴァルハラプライベートクラブでは、勝率100%であると言われています。投資の一種である以上、100%勝てるということはありえないはずです。しかし、実は100%勝てるということは、それほど特別なことではありません。

例えば、A市の自動販売機では、ジュースが100円で売られていたとします。少し離れたB市では、140円で同じものが売られています。それなら、A市で100円のジュースを購入して、B市で130円で売れば、1本あたり30円の利益が出ますね。月に1万本売れば、30万円の利益になります。

現実に、このようなことはよくありますが、実際にやる人はほとんどいません。なぜなら、自動販売機で1万本ものジュースを仕入れることは難しいですし、できたとしても労力がかかります。A市からB市まで1万本のジュースを運ぶためのトラックのレンタル代、ガス代などもかかってきます。

しかし、もしもいっさい労力をかけずにこのようなことができたら、多くの人がやりたいと思うかもしれません。実は、インターネット上である価格差ならば、ほとんどコストをかけずに修正することができます。インターネット上でこのような価格差があっても、すぐに修正されてしまいますが、ヴァルハラプライベートクラブでは自動的にシステムがそのような価格差を見つけ出してくれるので、一瞬のスキをついて購入をすることができます。

ヴァルハラプライベートクラブによる資産運用では、確実に勝つことができます。価格差を利用したビジネスでは、それほど大きな利益が出ないことがデメリットですが、自動システムがすべてやってくれるので、大きな利益が出せるのです。

資産運用では、利益だけをあげようとすると失敗します。損をしながらも、それ以上の利益をあげるということを繰り返し行うことで、確実に資産を増やしていくことができます。昔から、賢い人はこの方法を使って、確実に資産を増やしていっています。

ヴァルハラプライベートクラブの資産運用が人気の理由は勝率にあり?

ヴァルハラプライベートクラブは、資産運用の方法として人気があります。その理由は、勝率が高いというところにあるようです。FXでは、9割の人が負けているという意見があります。株式投資では、専門的な知識を持っている人なら、高い確率で勝てるようですが、やはり株が大暴落してしまうリスクもあります。また、多くの人は経済や経営の専門的な知識を持っていませんので、その意味でも高確率で利益をあげることは難しいです。不動産投資は比較的安全な投資方法であると言われていますが、破綻のリスクが少ないという意味であり、高い確率で利益をあげられるというわけでもありません。これからの時代、地方では人口減少が進んでいきますので、需要のないエリアの物件を購入してしまうと、空き室リスクに悩まされることになるかもしれません。人口に対して物件が余るようになっていくという予想もあるので、不動産投資の難易度は今後上がっていくのかもしれません。

ヴァルハラプライベートクラブで資産運用をすると、勝率が100%になるようです。ギャンブルでは、勝率が100%ということはあり得ません。なぜなら、負けた人の損失が、運営側の利益や人件費、店舗費などになるからです。負ける人のほうが多くないと、ギャンブルは成り立たないのです。

実は、ヴァルハラプライベートクラブはギャンブルではありません。本当に100%利益をあげられるシステムとなっています。もちろん、世の中そんなにおいしい話はありませんので、どんなケースでも大きな利益があげられるというわけでもありません。増やせる資金の割合はそれほど大きくはないので、ある程度の資金を持っている人向けのシステムとなります。10万円しか持っていない人は、1割増やせても1万円の利益になりませんが、10億円を持っている人は、1割増やすだけで1億円の利益となります。ヴァルハラプライベートクラブの資産運用は、富裕層に有利なシステムです。

ヴァルハラプライペートクラブに出会ってから

出会う前と、後では、確実に僕の人生違うだろうなって思います。

僕自身はまだ、大儲けをしたわけではないし、そんな夢みたいな思いはまだしていませんが!

それでも、夢みたいな思いをしている人は身近にいるし、すごいなって思うわけです。

ヴァルハラに出会って、人との関係も少し変わってきた気がするし、色々な物事に対する考え方も違ってきている気がするんですよ。

暴飲暴食で飲んじゃったな~というのはいつものことですが、でも日常に張り合いというか、しゃきっ!っとなれている気がするんですよ。できるだけ貯金をして、資産運用にまわそうっていう気持ちは常にありますし。

まるで映画を見た後のような、すがすがしい気持ちで日々過ごせているんです。

張り合いがあるっていうのはいいものですよ。なかったら、飲んで昼まで寝ているでしょうね。でも今の僕はたとえ飲んで帰ったとして、朝きちんと起きます。部屋の掃除もして、完璧な自分でいようと心がけています。とはいえ、人と会い、いつものようにお金の話とかになって、なりすぎちゃって、相手が引いてしまうこともあって。

その時には、落ち込んでしまうし、何やってんだろなっていう気持ちになります。

資産運用だとか、お金の問題っていうのはシビアなもので、他人に関与してはならないことの一つだなと思うわけです。オススメはしても、ある程度からは、踏み込んではいけないものですよね。僕自身はわりと、平気なほうで、どんどん踏み込んでこられてもいいんですが、人によりますよね。儲かるよ、みたいな話はあまり信用しないほうがいいというのは、幼少期から親にいわれているような当然のことで。でも、そういう話があったときにとっさに、リスクのことかんがえて、あれ?損しないんじゃないか?と思えれば、踏み込んでみるべきだと思っているのです。そうしないと、人生何も変わらない。

ってまたこんな事を言っていると引く人は引いてしまうのです。でも思っていることは、隠さずに人に言いたいなぁ~。

では、趣味であるお金の計算、人生設計について考えてきます。

 

ヴァルハラプライベートクラブからわかるもの

今一度ヴァルハラプライベートクラブについて自分なりに考えてみる機会があった。

普通に書いているこのヴァルハラプライベートクラブのヴァルハラ金融システムだが、それを購入するだけで、どのような金融システム(プラーベートバンクや定期預金)よりも確実で大きい利益を得ることができるものである。

このようなシステムが日本に何故なかったんだろうか?

今のタイミングでアメリカからこの画期的なシステムがなぜきたのか??もちろんアジア圏内の富裕層の増加が目的ではあるのですが。

そんなことをする目的が何故アメリカからやってくるのか?

アメリカの中だけでとどめておけばいいのではないか?と色々な面で不思議に思っている人たちは沢山いることだろう。

私も何度か考えたこともあるし、調べたこともある。

自分なりに考えた結果はアジアが裕福になれば、アメリカに多大なプラスがあるのだろう。

まぁそれくらい浅はかな答えしかでないのですよ。

考えたところで答えはでない。やることで答えはでる。

でもある時からそれでいいんじゃないか?自分が確実に儲かる方法がある。

それ以外に考えることなんて無いでしょう?

皆さんは色々と考えてしまいすぎていると思う。そんなことでは自分にきたチャンスを物にできないぞと声を大にして言いたい。

このヴァルハラプライベートクラブに限ってではなく他の事に対しても言えることだと思います。

お金を持っている=成功者、この成功者はみんな自分で决めれる力、決断力を持っている。

もちろん石橋を叩いて歩くという言葉があるくらい日本人は慎重に慎重に物事をすすめていく人が多い。

こんなシステムがせっかくアメリカからきたのだからアメリカみたいに豪快な決断力をしてほしいものです。

それはみなさんの為ですよ。

一つのチャンスを逃すのはしょうがないとして、そのチャンスが何個も積もっていけば大きなチャンスになる。

何事も成功するためには迅速な決断力、それを養っていかなくては行けません。

 

金融資産をヴァルハラプライベートクラブでワンランク上の資産運用へ

皆さんは、余裕資金の資産運用をどのように行っていますか。

余裕資金は堅実に銀行預金をするというのも、利回りは低いですが非常に安全な資産運用の1つであると言えます。しかしながら、年金制度の先行き不透明な状態が払拭できない昨今、せっかく余裕資金があるのであれば、投資によってそれをさらに余裕あるものへと変化させる選択肢の検討は、将来と老後のために決して無駄にはならないでしょう。

一口に投資といっても、様々な方法があります。株式投資や外国為替投資(FX)等は以前に比べ手数料も安くなり、投資の選択の1つとして非常に身近なものになりました。資金が少ない場合でも、ミニ株や、FXでは4000円程度から始められる少額投資もあります。また比較的安全な国債投資や、投資信託等もあります。国債投資は。日本国政府が元本を保障しており、例えば証券会社が国債を買ってその証券会社が仮に破綻した場合でも債券は100%保護されます。その他の投資としては、マンション投資や、ソーシャルレンディング等があります。不動産投資では、得られる家賃収入を将来の年金代わりにと考える人も多いようです。ソーシャルレンディングは「資金を調達したい人や会社」と「お金を投資したい人や会社」を結びつける仕組み、サービスの事を言い、インターネットを活用する事で運営コストが抑えられるため、借りる側は低金利で資金調達をする事ができ、また投資する側は高い利回りを期待できます。

上記で説明したどの資産運用を実施するにあたっても、専門の会社で口座作成等の準備を行ない投資を始める事が多いでしょう。様々な資産運用会社がありますが、余裕資金の多い方であれば、ヴァルハラプライベートクラブの利用を検討する事ができます。ヴァルハラプライベートクラブでは、適切なリスク管理とバランスのよい資産配分を分析し、顧客にとって最適な運用計画の提案をする事ができます。またこれまでの投資方針を見直したい場合にも、過去の分析と将来の予測から新たな運用計画を提案する事が可能です。

様々な資産運用方法を選択できる現代、自分自身にあった運用方法をみつけ、できるだけ多くの資産を増やせるとよいでしょう。

ヴァルハラプライベートクラブの資産運用がなぜおすすめされるのか

資産運用の方法としては、株式投資、投資信託、FX、不動産投資などがあげられます。昔は定期預金もメジャーな方法でしたが、現在は金利がかなり下がっているので、利益はほとんど得られません。FXは業者によっては、5千円くらいの資産で始められます。株式投資は数十万円の資産が必要になりますが、投資信託やミニ株は1000円から購入できるものもあります。

 

マイナスの資産を減らすというのも資産運用の方法の1つです。例えば、住宅ローンが残っている場合、それを繰り上げ返済をして返済期間を短縮することで、利息が節約できます。3000万円の住宅ローンを一括で繰り上げ返済してしまえば、利息が500万円以上も節約できることがあります。ある意味で、ローンを繰り上げ返済するという資産運用の方法が、一番リスクをかけずに節約ができる方法なのかもしれません。

 

投資の特徴として、資金が少ない人ほどリスクをかけなければいけないということがあげられます。FXや株式投資では大きなリターンが得られる可能性がありますが、リスクもそれなりにあります。不動産投資は比較的リスクの少ない投資になります。銀行が不動産投資ローンという専用のローンを用意していることからも、安心できる投資であることがわかります。投資と名のつくものに銀行がお金を貸してくれるのは、不動産投資くらいでしょう。さらに、不動産投資をすると所得税や相続税が節約できるという効果もあります。しかし、それなりの資金がなければ不動産投資は始められません。

 

ヴァルハラプライベートクラブは、不動産投資よりもさらに安定した投資方法と言えるかもしれません。しかし、不動産投資よりもさらに資金が必要になります。ヴァルハラプライベートクラブでは、「金融資産3億円からはじめる」とありますので、富裕層向けの投資であることがわかります。富裕層の人には、リスクをほとんどかけずに資産運用ができるうえ、資産を大きく増やせる可能性があるヴァルハラプライベートクラブがおすすめです。

ヴァルハラプライベートクラブを広めたい

ヴァルハラプライベートクラブと出会って、いろんな事をヴァルハラプライベートクラブから学んできました。

そのお陰で時間にも余裕ができて、家族サービスもできるようになって、資産運用もうまくいき、お金に余裕ができました。

そんな良いことばかりのヴァルハラプライベートバンクをもっといろんな人に知ってもらいたい、いろんな人に広めていきたいと思うようになりました。

 

資本金がある方には是非おすすめしたいです、ヴァルハラプライベートクラブ。

 

ヴァルハラプライベートクラブの理念を紹介したいと思います。

 

1 人生においてライフスタイルはひとそれぞれ異なります。また、変化していくこともあります。それぞれの「その先」に向けて、経済的に安心出来る生活を守っていくには、ここのライフスタイルに合わせて資産準備を計画的に行っていく必要があります。

 

2 お客様自身が将来の夢やイベント、目的を確認し、自分にとってどれだけ必要家?を計画的に準備していただくというのが「Safe Design」という考え方です。

私たちは、この考え方をひとりでも多くのお客様に提唱していきたいと考えています。

 

3 ヴァルハラプライベートクラブでは、2018年にオープンする「ヴァルハラプライベートバンク」を景気に、お客様の資産計画を手厚くサポートします。

「ヴァルハラプライベートバンク」では世界のヘッジファンドやプライベートバンクのノウハウをひとつにし、グローバルな運用ノウハウと資産管理プランをご提供し、個々では大変困難な長い将来に渡る資産計画を、専任の担当者が最大限に広げるお手伝いをいたします。

 

人生の夢やイベント

結婚、出産、教育、マイホーム、家族旅行、子供の独立・結婚、孫や子供の家族との旅行、夫婦でのセカンドライフ

 

こんな素敵な理念をもっているヴァルハラプライベートクラブ、あなたも参加してみませんか?私は良いことばかりでしたので、オススメさせていただきます

valhalla privete club(ヴァルハラプライベートクラブ)と不動産投資

不動産投資とは?

マンションやビルを一棟丸ごと買い貸し出したり、一部屋だけ買い貸し出したり、そうして賃料を得る方法と、物件を買いその値段以上で売るという方法があります。

不動産投資は、「ミドルリスクミドルリターン」と言われています。

期待される利益は、賃料、値上がり益

そしてリスクは、不動産の倒壊、減失です。

不動産におけるリスクとは?

・予定の賃料収入が得られない。
・賃料の滞納がある。
・空室になってしまった
・修繕コスト、管理コストが発生する

売却の場合

購入価格以上で売却できない
・すぐに現金化できない

というものがあります。

 

普段、部屋を借りて住んでいますから、滞納であるとかなかなか部屋が埋まらないというのは想像しやすいものですね。

では、不動産投資でどれだけ得をするものなんでしょうか?

例えば、1000万円でマンションワンルーム買って、毎月6万円で貸します。

そうすると、年間72万円。

10年間で、720万円。

15年間で、1080万円。

やっと、80万円得しました。

15年以上貸し出せばそこからは得をしますね。

そして、自分一代だけでなく、子供、孫へと渡す事もできますから、マイナスにはならないかなと思います。

 

さきほど、1000万円でマンション買って~と書きましたが、

マンション購入の際にはこのような費用がかかります。

・不動産会社に支払う、仲介手数料

・国に納める税金

・司法書士に支払う報酬

・(融資を受ける場合には)銀行に支払う手数料・(加入する場合)火災保険、地震保険などの保険料

 

それの費用が、マンション代の8~10%かかるようですからなかなかかかりますね。

しかし、他の運用と比べるとローリスクですから考えてみるのもいいでしょう。

株主優待

資産運用をするなら、投資をするなら早い方がいいんじゃないかということも言いました。

長い人生を考えて、将来の貯えのために、早いうちからしたほうがいいんじゃないかと。

家族がいると、お金が必要だというのは強く思うものです。そして、資産運用についてたくさん考えたりしました。株をやることでメリットがあることとして、株主優待というものがあります。株を買うのに、これで選んでもいいんじゃないかと思うのです。

株主優待とは?

株主優待とは企業が一定数以上の自社株式を「権利確定日」に保有していた株主に与える優待制度のこと。

かんたんにいえば年に1〜2回、企業から株主に送られる「プレゼント」です。

株主優待実施に対する法的な義務はないので、株主優待制度のない企業もたくさんありますが、

株主優待制度を導入する企業は年々増えてきており、90年代始めには200社程度だった株主優待導入企業が、現在では1100社以上。

優待内容も企業によってさまざまなものがありますので「企業ごとのいろいろなプレゼントを選んで貰える楽しさ」を味わえるのが、株主優待の大きな魅力です。

株主優待を貰う手順

株主優待を貰う為には、該当する企業が定める「権利確定日」の3営業日前「権利付き最終日」に当該銘柄を保有しておく必要があります。

極端な話になりますが、この「権利付き最終日」に株を買って、翌日の「権利落ち日」に株を売ってしまっても株主優待はしっかり貰えます。

権利月最終日に該当する株を規定数以上保有していれば多くの場合、数か月後に自宅に株主優待が直接届きます。自分で株主優待を選べる場合(カタログなど)は、はがきの返送などの対応が必要なこともあります。

※「権利確定日」「権利付き最終日」「権利落ち日」について

株式は購入してから株主名簿に記載されるまでに3営業日の期間が必要です。その為、株主優待を貰う為には「権利確定日」の3営業日前である「権利付き最終日」までに株を買っておく必要があります。

また、権利月最終日の翌日のことを「権利落ち日」といいます。権利落ち日には多くの場合、株価が下落する傾向にあるので注意しておきましょう。

株主優待を探そう!

現在、株主優待制度を導入している企業は1000社以上あり、全ての株主優待導入企業をチェックするのはすごく大変です。

当サイトのコンテンツ「月別の株主優待利回りランキング」は一目で「優待利回りの良い銘柄」を探せてとっても便利です。

また、株主優待は金額に換算できないものも沢山あります。(「自社製品の〜%割引券」や「お米〜kg」など)

そういった銘柄は利回りランキングには表示されませんが、中でも人気がありオススメの株主優待銘柄は「月別オススメ株主優待」でご紹介しています。

また株主優待検索では、優待内容のカテゴリや、権利確定月、最低必要金額などで条件を絞り込めますので、自由に自分にあった株主優待を探すこともできます。