ヴァルハラプライベートクラブ入会に向けて

私が資産運用を考え出したのはかれこれ5年ほど前でしょうか。
資産のこととなると次々と欲が出てきてしまいますよね。
でもそのせいで資産運用に失敗し、大金を失い破産した方なども数知れずです。
だからこそ簡単に手を出せすようなものではないのです。そう、資産運用こそ1番下調べや準備が必要なのかも知れません・・・。でも資産運用のことを考えすぎて何が一番なのかどんどんわからなくなってしまいます。そんな時いったん原点を思い返します。
わたしの場合それがヴァルハラプライベートクラブです。この5年ほど色々と調べてあれやこれやと目移りしせっかく増やすなら、とかこんなにリスクは背負えない、とかいろんな考えにとらわれたりもしましたが、結局原点に返るとノーリスクハイリターンであるヴァルハラプライベートクラブは将来の強い味方なのではないでしょうか。
そもそも投資とギャンブルがごっちゃになることもしばしばあるのではないでしょうか?
今回は投資とギャンブルの違いについて書きたいと思います。

まず投資とは・・・利益を得る目的で、事業・不動産・証券などに資金を投下すること。転じて、その将来を見込んで金銭や力をつぎ込むことをいう。
将来の収益増加の期待から生産能力を増加させること。また広義には収益を期待して資金を支出することもいう。投資の主体はおもに民間の企業である。投資は一国の経済全体のダイナミックな運動を引起す重要な要因である。
つまり、将来得られるであろう収益を目的として,現在資金を支出することを投資という。

一方ギャンブルとは・・・二人、またはそれ以上の人間で行う賭博行為の事である。賭けごと。博打。ギャンブル依存症や、ギャンブル障害なども多く、依存性が高い。
つまりギャンブルは、偶発的な事象に金品を賭け、リターンを得ようとすること。

まとめると、「投資」は主に長期的、「投機」は主に短期的にお金を増やす事を狙うことである。
投資や投機(投資のうち、短期間の価格変動などを予測し利鞘を得ようとすること)は偶然性に賭けて取引をするものとは言えない。
日本人はギャンブルにハマる人が多いが、ギャンブルするなら将来のために投資すべきだと思う。